BLOGブログ
BLOG

相模大野オーダーメイドマッサージしえリズムのアロマおすすめ情報

2020/12/04

こんにちは

相模大野リラクゼーションサロンしえリズムです。

 

いつも精油を扱っていると、

とても安いアロマを見つけたり

アロマの香りをかいでも、何か違和感を覚えることがしばしばあります。

なぜ、アロマにこれほどの違いがあるのか疑問に思いませんか?

 

そこで

今回は日本でのアロマの認識と、実情についてお送りしたいと思います。

 

日本のアロマ事情

安心安全なアロマトリートメントのために

 

相模大野リラクゼーションサロンしえリズム

【オーダーメイドマッサージ】

この時期おすすめのマッサージは精油、植物油を使用した

アロマトリートメントです。

ニセモノにだまされるな!!

偽和・合成香料
 

偽和とは香りが似た精油を混ぜたり、アルコールなどで希釈しているもの、石油由来の合成成分を混ぜてカサ増ししているニセモノのことです。
例えば、ローズに似た香りのするパルマローザやゼラニウムの精油を使って、ローズとして販売しているケースがあるそうです。

最近では偽和のアロマオイルが低価格ショップで多く見られます。

 

また、科学の進歩により天然の芳香成分に似せた合成香料からもアロマは作られます。自然のものではないので安価に作れます。

 

更にはたくさんの合成香料の中に1種類でも天然の成分が含まれると、オーガニックと表記されることもあるそうです。

 

特にインターネットでは、とても多くのニセモノが販売されているので注意が必要です。

 

・・・どう見分けたらいいのやら

ということで!

 

見分けるポイント

精油(エッセンシャルオイル)とアロマオイルは外見上かなり似ていますが、見分けるポイントがいくつかあります。

 

ポイント1
精油は光による品質の劣化を防ぐために遮光瓶に入っています。

ポイント2ラベル
精油は瓶のラベルや箱に「精油」または「エッセンシャルオイル」と必ず書かれています。

また、植物の学名、産地、抽出部位、抽出法も記載されています。

ポイント3価格
精油は(植物の種類ごとに値段が変わりますが)価格帯としては数mlで数千円。

原料が合成香料のアロマオイルと比較すると精油は高価です。

 

それは精油の希少性や産地、製造コストなどが影響しているからです。

 

 

相模大野リラクゼーションサロンしえリズム

【オーダーメイドマッサージ】

この時期おすすめのマッサージは精油、植物油を使用した

アロマトリートメントです。

2安心安全なアロママッサージのために

このようなことが起こるのは、日本でのアロマオイルの認識がまだまだ浅いことが原因です。

日本でアロマテラピーという言葉が使われるようになったのは30年前。まだまだ最近のことなのです。

アロマオイル発祥の国フランスや、ドイツなどの海外では医薬品と同様に扱われています。

薬剤師が処方するような国もありとても安心できます。

(日本でいう漢方のような扱いです)

 

しかしアロマ後進国である日本では「雑貨」として扱われているのが現状で、そのため本物のアロマ

「精油」とニセモノのアロマの区別も広くは知られていません。

そんなこともあり、ニセモノのアロマは「雑貨」として販売できるのです。

 

「雑貨」なので、多少アルコールが入っていようが、石油由来の合成物が入っていようが関係ありません。

目や口に入れるわけでもないので誰も被害を受けませんし、法的にも問題はないようです。

 

つまり、日本ではこれらニセモノも含め全てを「アロマ」と呼ぶことが出来ます。

香りを楽しむ、という目的においてはそれでも良いと思います。

 

しかし、人体への効果、効能、安全性を考えると、何を選び使うかがとても大切なことだと思います。

 

 

相模大野リラクゼーションサロンしえリズム

【オーダーメイドマッサージ】

この時期おすすめのマッサージは精油、植物油を使用した

アロマトリートメントです。