BLOGブログ
BLOG

相模大野のリラクゼーションでおすすめの精油18

2018/07/19
ロゴ

こんにちは。相模大野のリラクゼーションサロンしえリズムです。

本日もおすすめ精油シリーズです。

[ペパーミント]

ペパーミントの効能・効果

ペパーミントは、食べ過ぎ・飲みすぎなどで胃の調子が悪い時に消化を助けてくれます。また、腹痛や胸焼け、胃けいれんなどの症状を緩和してくれます。

ペパーミントには鎮静効果があり、精神的な緊張を和らげ、イライラをしずめ、心身をリラックスさせてくれます。無気力や抑うつを改善する精神安定化作用もあり、神経症などにも利用されてきました。

その他にも、ペパーミントには次のような効能・効果があると言われています。

  1. 偏頭痛やそれに伴うむかつきを癒してくれます。

  2. 麻痺作用と抗菌作用があり、虫歯や歯痛などの痛みを和らげてくれます。

  3. 胃の神経の末端を麻痺させることで、乗り物酔いや吐き気の予防になります。

  4. 胃の筋肉をゆるめるため、げっぷが出やすくなります。

  5. 不眠を解消し、深い眠りに誘ってくれます。

乗り物酔いしやすい人は、ペパーミントティーを携行したり、サシェ(乾燥したハーブを小袋に入れたもの)を作って持って行くとよいでしょう。

★注意★

万能薬ともいえる優れたハーブですが、摂りすぎると粘膜を乾かせてしまう恐れがあり、胃痛などを引き起こしますので、摂りすぎに注意してください。

母乳の抑制作用がある(母乳の出が悪くなる)ため、出産後は注意が必要です。

効能・効果まとめ

鎮静、鎮痙、抗菌、防腐、発汗、利尿、中枢神経系(脳)の機能亢進、胃腸の機能調整

ペパーミントの起源・由来

起源は不明ですが、紀元前1000年前後のエジプトのお墓からミントの一種が発見されています。

ペパーミントは1700年後半頃にイギリスで大人気となり、大量に栽培されるようになりました。なお、ペパーミントと同じくハーブティーに利用されるスペアミントは、ペパーミントより長い歴史を持っています。

ギリシャ神話はミントについて次のように伝えています。
「冥府の王ハデスが妖精ミンテに心奪われていることを知った女王は、嫉妬に狂い、妖精ミンテに呪いをかけて甘い香りの植物にしてしまいました。こうしてハーブのミントが生まれたのです。」

花言葉は「あたたかい心、美徳」です。

ペパーミントの特徴

ペパーミントは、スペアミントとウォーターミントの交配種です。(交配が盛んに行われてきたため、ミントの種類は210種類以上もあると言われています。)

ヨーロッパに自生し、一般に温暖で湿った場所によく見られます。茎は角ばっていて、高さ50~80㎝程度に生長します。

 

7~8月になると、密集した葉の上のほうに小さなすみれ色または白色の穂状花を咲かせます。

その開花の直前が収穫期です。

使用部位

葉、茎、花

用途

ティー、料理、美容、アロマ、ポプリ

アロマテラピーで使うペパーミントオイルについて

学名:Mentha piperita

和名:セイヨウハッカ(西洋薄荷)

種別:シソ科ハッカ属 多年草

成分:メントール、フラボノイド、アズレン、タンニン、ロスマリン酸

 

相模大野のリラクゼーションサロンしえリズムでもペパーミントを扱っています。夏場のクールダウンにもおすすめです。

相模大野のリラクゼーションでアロマトリートメントを受けれる

サロンをお探しの方は、ぜひしえリズムへお越しください。

相模大野リラクゼーションサロンしえリズム